あよあのたす

書き散らし

無題
仮想通貨も持ってるし、輝夜月もキメているので、現代を生きている。
2018年01月21日(日)   No.151 (雑記)

無題
 イランで民衆が蜂起しているようである。そしてアメリカがそれを掬い上げようとしているようである。
 フランス人に依るイラン・イスラーム革命のルポルタージュで革命が横取りされて労働者政権の樹立が叶わずウラマーによる政権が出来てしまったという失望の念が述べられていた。事前にアメリカに囚われていたものを解放した時にそれを掬い上げる力を持っていたのがソ連ではなくホメイニー師たちだったというだけの話である。どれだけアナーキーな自我も既存の現実的権力関係から逃れうることは出来ない。
 この世界に「アメリカ以外」があってそれを選ぶとして、精々マルクスの怨霊とその他の有象無象しか思い浮かばない。「人々」も含めて。
 何かを転覆すれば、何かが存立してしまう。残念だが、どうあがいてもそうなるのだ。純粋群衆の純粋悪への勝利など、無血革命と同じ程度には非現実的ではないのか。それこそが神の忠僕の頭の中に思い浮かべられたところの「高き理念」ではないのか。歴史に目的はない。人類に正しい道はない。起こるべくして起こることが起こるだけだ。

„Gar vieles kann man loswerden, Alles wird man doch nicht los“ !!
2018年01月06日(土)   No.150 (雑記)

「視線恐怖」「侵入性」「空恐ろしさ」
 あの感覚は、「自己視線恐怖」とか「脇見恐怖」とか言うよりも、「視界」という名の自己の領域に、相互影響的な他者の気配が入り込んだ時の居心地の悪さ、或いは何らかの事態発生を予感した不穏や緊迫の“視-覚的意思伝達世-界”に偏った顕れであって、同様の空恐ろしげな異変は、実のところ聴覚やその他の空間的認知の知覚領域、更にはイメージ・思考の世界にも同時発生する場合が多い。
 (尤も自分の場合は、目の形などに拘りが限定され眼科を受診し続けるような形の「確信」の色彩が薄いために敏感関係念慮の拡大が感知機能全般に対して起こっているのかも知れないけれども。)

 「自我漏洩」とも言うが、そこにはその形容とは正反対の性質さえも見出すことが出来るように思う。「見るのを見られるのが怖い」という物言いを使うまでもなく。
2017年12月13日(水)   No.149 (雑記)

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
2018年01月21日(日)
無題
2018年01月06日(土)
無題
2017年12月13日(水)
「視線恐怖」「侵入性」「空恐ろしさ」
2017年12月11日(月)
「避難場所を示した看板を蹴り上げる」
2017年12月01日(金)

2017年11月22日(水)
忘れるな 22日は 発売日
2017年11月21日(火)
無題
2017年11月16日(木)
無題
2017年11月04日(土)
流浪の民
無題
2017年11月03日(金)


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2018年 /
01月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2017年 / 02月 / 03月 / 04月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年 / 01月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年 / 01月 / 03月 / 04月 / 05月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[HOME]

[管理] [TOP]
shiromuku(fs4)DIARY version 3.50